東京水道ネットdeホッとキャンペーン

東京水道について楽しく知って、答えて、ホッと安心。

1.クイズゲームで東京水道について知ろう!

水滴くん、水玉ちゃんといっしょに「水道水の旅クイズラリーゲーム」にチャレンジ!
クイズに答えて全問正解すると、抽選でAmazonギフト券が当たります!

全問正解した方の中から抽選で
150名様にプレゼント

Amazonギフト券 300円分 10名 500円分 140名

1. キャンペーンは東京都水道局による提供です。 本キャンペーンについてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。
東京都ネットdeホッとキャンペーン事務局info_tokyosuido@dynamites.co.jpまでお願いいたします。
2. Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

キャンペーンは終了しました

2 .アンケートで東京水道について答えよう!

専用サイトよりアンケートに答えていただいた方の中から、
抽選でピクニックサーモボトルが当たります!

ご回答いただいた方の中から抽選で100名様に
ピクニックサーモボトルをプレゼント!

保温保冷機能が付いて、持ち運びにベンリ。

ピクニックサーモボトル
キャンペーンは終了しました

もっと知ろう!未来に向けた東京水道の取組

ゲームでも紹介しているように、東京都水道局では「強靭で持続可能な水道」のため、様々な取組を進めています。より詳しい内容を知って、ホッとしてみませんか。ゲームにまだチャレンジしていない方は、ゲームの中で出題されるクイズのヒントにもなります。
1.水道管路の二重化・ネットワーク化

導水施設の二重化、送水管の二重化・ネットワーク化により、災害や事故時、更新等の工事の際のバックアップ機能を確保します。

<断水抑制のためのネットワーク>
① 利根川水系と多摩川水系との原水連絡施設(イメージ図)

利根川水系と多摩川水系との原水連絡施設(イメージ図)

原水を確実に確保していくため、利根川水系と多摩川水系の異なる河川に原水連絡管を設け、水の相互融通を実施しています。

② 送水管ネットワーク(イメージ図)

送水管ネットワーク(イメージ図)

都内全域の広域的な送水管ネットワークにより、災害や事故時におけるバックアップ機能を確保しています。

2.水道管路の耐震継手化

地震発生時の断水被害を軽減するため、抜け出し防止機能を有する耐震継手管への取替えを進めています。

耐震継手管への取替え

1998年度より抜け出し防止(抜けない)機能を有する耐震継手管への取替えを推進しています。

耐震継手管のデモンストレーション

耐震継手管のデモンストレーション(クレーンによる吊り下げ)

東京水道の2017年度の耐震継手化(取替え完了)率は43%、2025年度には61%まで向上させていきます。

3.浸水対策

近年、大型台風や局地的な豪雨が全国で頻発しています。東京都水道局では浸水被害が生じるおそれのある水道施設の機能維持を図るため、出入口等に止水せきの設置、施設のかさ上げなどの浸水対策を行い、災害対応力を強化しました。

<浸水対策の実施例>

止水せきの設置

止水せきの設置

施設のかさ上げ(換気口)

施設のかさ上げ(換気口)

4.エネルギーの効率化

東京都水道局は、都内で使用される電気の約1%(年間約8億kWh)を消費しています。そのため、エネルギーの効率化を着実に進め、温室効果ガスの排出を可能な限り抑制しています。

<再生可能エネルギーの活用>

再生可能エネルギーの活用

浄水場や給水所に太陽光発電や小水力発電設備を設置し、再生可能エネルギーを積極的に活用しています。

<効率的な水運用>
より少ないエネルギーで水をお届けできるルートに水量を多く配分するなど、効率的な水運用を実施するため、「トータルエネルギー管理システム」を導入しています。

効率的な水運用

その他、省エネルギー機器を採用するなど、様々な取組を進めています。

5.災害時の受援と救援

他の水道事業体との災害時救援覚書の締結や受援訓練などを推進し、国内最大の事業体として他地域の災害時における救援要請にも即応できる体制を整備しています。

① 受援の取組

受援の取組

2018年1月には、新たに、大阪市、岡山市との相互救援覚書を締結し、東西両方面からの受援態勢を強化しました。

② 東京水道災害救援隊―Tokyowater Rescue―
東京水道災害救援隊

災害救援に参加を希望する職員の事前登録、研修を実施するなど、いつ、どこで発災しても救援要請に基づき、迅速に救援隊を派遣できるように整備しています。

6.東京水道 持続のための3つの方向性

東京都水道局では、①.長期的収支見込を踏まえた計画的な設備投資、②.外郭団体の戦略的活用、③.新技術活用による事業運営の改革により、「持続可能な水道システム」の構築を目指します。

持続可能な水道システム

■キャンペーンに関するお問い合わせ

東京水道 ネット de ホッとキャンペーン事務局
[2/4~2/28までの平日10:00~17:00]
メール:info_tokyosuido@dynamites.co.jp

※お問い合わせには営業時間内に順次対応させていただきます。
※本キャンペーン専用のお問い合わせ窓口です。キャンペーン以外のお問い合わせは受け付けておりません。
また、お問い合わせの内容により、ご返信までにお時間をいただく場合や返信しかねる場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※迷惑メールサービスを設定されている場合は、あらかじめ「info_tokyosuido@dynamites.co.jp」からのメールを受信できるよう設定ください。

  • 水道歴史館
  • 水の科学館
  • 東京水道あんしん診断
  • 水道局Twitter
  • お料理レシピ